コンタクトレンズの種類について解説しています。

コンタクトレンズの種類


近頃は、コンタクトレンズを、多くの人が使用しています。意外に知られていないですが、コンタクトは医療機器なのです。だから、コンタクトレンズの基本的な知識を知っておくと便利です。ですので、ここでは、コンタクトの種類を説明します。コンタクトは、その素材により2種類に分類されます。それはハードコンタクトレンズとソフトコンタクトレンズです。ハードコンタクトレンズは、さらに、酸素非透過性ハードコンタクトと酸素透過性ハードコンタクトに分類できます。参考までに、ハードコンタクトレンズのほとんどは、酸素透過性ハードコンタクトレンズの事です。今、国内で、ハードコンタクトレンズを使っている人の大多数が、酸素透過性ハードコンタクトレンズを使用しています。さらにソフトコンタクトレンズは交換頻度によって、従来型、定期交換型、頻回交換型、ディスポーザブル型(使い捨て)の4つのソフトコンタクトレンズに分けられます。この4つのタイプのコンタクトを、もう少し詳しく解説します。

処方箋なしでコンタクトを購入!
インターネットでは、処方箋なしでも、コンタクトを購入できます。個人輸入・使い捨てコンタクトがねらい目。
コンタクトレンズ 通販
処方箋なし、激安のコンタクト通販!
処方箋なし、激安でコンタクトを購入!(体験談)
安いメガネ
コンタクト 通販
コンタクト 販売

視力回復の方法
視力回復を目指すには、ブルーベリーのサプリメントを摂取する方法や、レーシック、イントラレーシックなどの視力回復手術を受けるのも手。ちなみに、レーシック、イントラレーシックは有名人もしています。
レーシック
イントラレーシック
ブルーベリーアイ
わかさ生活のブルーベリーアイ
視力回復トレーニング


従来型のソフトコンタクトレンズとは


従来型のソフトコンタクトレンズの詳細です。寿命が来るまで使用するソフトコンタクトレンズのことです。一般的によく使われるコンタクトレンズです。従来型のソフトコンタクトは、つけた感触がいいので、よく利用されていますが、ハードコンタクトレンズに比べると、ケアが面倒で、使用できる期間も短くなっています。メンテナンスは、定期的に、タンパク質の除去を行う必要があります。タンパク質の除去を行わなければ、酸素透過の性能を著しく低下させ、かなり低下させ、使える期間が短くなってしまうのです。また、汚れも付きやすいので、洗浄や消毒も必要となってきます。ですので、従来型のソフトコンタクトレンズは、定期的な手入れをしなければならず、意外とメンテナンスに手間がかかってしまうのです。それから、寿命は、使用時間などによっても変わってきますが、ハードコンタクトレンズだと、約1〜4年程度、従来型のソフトコンタクトレンズでは、約1年〜1年6ヶ月といわれていて、ハードコンタクトレンズよりも寿命が短いです。

処方箋なしでコンタクトを購入!
インターネットでは、処方箋なしでも、コンタクトを購入できます。個人輸入・使い捨てコンタクトがねらい目。
コンタクトレンズ 通販
処方箋なし、激安のコンタクト通販!
処方箋なし、激安でコンタクトを購入!(体験談)
安いメガネ
コンタクト 通販
コンタクト 販売

視力回復の方法
視力回復を目指すには、ブルーベリーのサプリメントを摂取する方法や、レーシック、イントラレーシックなどの視力回復手術を受けるのも手。ちなみに、レーシック、イントラレーシックは有名人もしています。
レーシック
イントラレーシック
ブルーベリーアイ
わかさ生活のブルーベリーアイ
視力回復トレーニング


定期交換型のソフトコンタクトレンズとは


定期交換型のソフトコンタクトレンズの解説です。1〜3ヶ月で、定期的に交換するソフトコンタクトレンズのことです。定期交換型のソフトコンタクトレンズのほとんどは、従来型のソフトコンタクトレンズと素材自体は同じです。では、なぜ、同じ素材でありながら、周期的に交換するのでしょうか。その理由は、レンズに、タンパク質などの汚れが付着して、目によくない影響を及ぼす前に、新しいレンズに換えて、安全性を高めるためです。この定期交換型ソフトコンタクトレンズも、洗浄や消毒をしなければならず、コンタクトレンズによっては、タンパク質の除去も必要になります。つまり、従来型よりも、汚れの付着によるトラブルのリスクは少ないですが、メンテナンスは必要です。なお、これまでは、水分を多く含んでいる素材のレンズほど、酸素をよく透過するので、目によいとされていましたが、新素材の「シリコーンハイドロゲル」というコンタクトレンズが作られました。このコンタクトレンズは水分を含む量が少なくても酸素の透過性に優れ、いままでのレンズと比較して6倍以上も酸素の透過性があります。シリコーンハイドロゲルソフトコンタクトレンズはタンパクの蓄積が少ないため、タンパク質の除去の作業は必ず必要というわけではありません。このような新素材が開発されたため、定期交換型のソフトコンタクトレンズのデメリットもなくなりつつあります。

処方箋なしでコンタクトを購入!
インターネットでは、処方箋なしでも、コンタクトを購入できます。個人輸入・使い捨てコンタクトがねらい目。
コンタクトレンズ 通販
処方箋なし、激安のコンタクト通販!
処方箋なし、激安でコンタクトを購入!(体験談)
安いメガネ
コンタクト 通販
コンタクト 販売

視力回復の方法
視力回復を目指すには、ブルーベリーのサプリメントを摂取する方法や、レーシック、イントラレーシックなどの視力回復手術を受けるのも手。ちなみに、レーシック、イントラレーシックは有名人もしています。
レーシック
イントラレーシック
ブルーベリーアイ
わかさ生活のブルーベリーアイ
視力回復トレーニング


頻回交換型のソフトコンタクトレンズとは


頻回交換型のソフトコンタクトレンズとは、最長2週間で交換するソフトコンタクトレンズのことをいいます。大多数の頻回交換型のソフトコンタクトレンズは、素材がディスポーザブルソフトコンタクトレンズと同じなので、酸素透過性は優れているのですが、汚れがつきやすいので、短いサイクルの交換をします。ですので、長くて2週間でレンズを交換するのです。まめに換えるので、タンパク質の除去はいらないのですが、日々、交換するわけではないので、少しは汚れます。なので、洗浄や消毒は必要です。なお、目やにがたくさんでる時など、頻回交換型のソフトコンタクトレンズの寿命が短くなることもあるので、アレルギーがある人は、コンタクトレンズの寿命について、眼科医に相談してから使うようにしましょう。ちなみに、頻回交換型のソフトコンタクトレンズは、ディスポーザブルソフトコンタクトレンズと同様の素材なので、「使い捨てレンズ」と呼ぶことが多いのですが、正確には、ディスポーザブル(はずしたら捨てる)のコンタクトレンとは違います。注意が必要です。

処方箋なしでコンタクトを購入!
インターネットでは、処方箋なしでも、コンタクトを購入できます。個人輸入・使い捨てコンタクトがねらい目。
コンタクトレンズ 通販
処方箋なし、激安のコンタクト通販!
処方箋なし、激安でコンタクトを購入!(体験談)
安いメガネ
コンタクト 通販
コンタクト 販売

視力回復の方法
視力回復を目指すには、ブルーベリーのサプリメントを摂取する方法や、レーシック、イントラレーシックなどの視力回復手術を受けるのも手。ちなみに、レーシック、イントラレーシックは有名人もしています。
レーシック
イントラレーシック
ブルーベリーアイ
わかさ生活のブルーベリーアイ
視力回復トレーニング


使い捨てのディスポーザブル型とは


使い捨てのディスポーザブル型の詳細です。レンズを外せば捨てるソフトコンタクトレンズのことで、1日交換型と1週間交換型があります。一般的に「使い捨てコンタクトレンズ」と呼ばれています。1日交換型のディスポーザブルソフトコンタクトレンズは、朝つけて、寝る前までに、はずして捨ててしまいます。ですので、名前の通り1日でレンズを交換して、翌日は新品のコンタクトレンズにしてしまうのです。なので、汚れがたまらないため、最も安心なコンタクトレンズとされています。けれども、毎日、交換するので、費用がかかるので、費用が気になる人は、週末だけなど必要な日だけに使うといいでしょう。1週間交換型のディスポーザブルソフトコンタクトレンズは、コンタクトレンズをつけたら、最長6晩まで連続装用ができ、はずしたら捨てます。連続装用のため、眼の障害の発生率は高くなります。ちなみに、、ハードコンタクトレンズだと、費用がかかるため、国から許可を受けているディスポーザブル型のコンタクトレンズは、このソフトコンタクトレンズだけです。

処方箋なしでコンタクトを購入!
インターネットでは、処方箋なしでも、コンタクトを購入できます。個人輸入・使い捨てコンタクトがねらい目。
コンタクトレンズ 通販
処方箋なし、激安のコンタクト通販!
処方箋なし、激安でコンタクトを購入!(体験談)
安いメガネ
コンタクト 通販
コンタクト 販売

視力回復の方法
視力回復を目指すには、ブルーベリーのサプリメントを摂取する方法や、レーシック、イントラレーシックなどの視力回復手術を受けるのも手。ちなみに、レーシック、イントラレーシックは有名人もしています。
レーシック
イントラレーシック
ブルーベリーアイ
わかさ生活のブルーベリーアイ
視力回復トレーニング