含水率とは?(コンタクトの用語)について解説しています。

含水率とは?(コンタクトの用語)


コンタクトレンズを買おうと思って店舗に行くと、コンタクトレンズの含水率について説明を聞くことがありますよね。でも、この「含水率」って、何なのでしょうか。
含水率というのは、言葉通りで、コンタクトの含んでいる水の量のことです。理論的には「含水率」が高いと、目に酸素を通しやすくなるといわれているので、コンタクトを買いにいくと含水率が高いものを薦められることが多いのです。
ところが、実は、含水率が高ければいいというわけでもないのです。酸素の透過度は、レンズの薄さや汚れにも関わってくるからです。また、含水率が高ければ、目が乾きやすいそうです。なぜなら、コンタクトレンズが水分を吸収してしまうからです。それだけではありません。含水率が高いと汚れやすくなります。でも、使い捨てコンタクトを利用するならば、汚れてたら、換えればいいので、汚れを気にする必要はないですね。
含水率の特徴がわかった上でコンタクトレンズを購入すればよりいいのではないでしょうか。

コンタクトのネット通販
ネットでは処方箋なしでも、コンタクトを購入できます(個人輸入)。しかも、普通の店よりも安価!
コンタクトレンズ 通販
処方箋なし、激安のコンタクト通販!
処方箋なし、激安でコンタクトを購入!(体験談)
安いメガネ
コンタクト 通販
コンタクト 販売

視力回復をする方法
レーシック、イントラレーシックという手術をうけると視力回復できます。有名人も手術しています。ブルーベリー(サプリメント)を飲んでも視力回復を目指せます。
レーシック
イントラレーシック
ブルーベリーアイ
わかさ生活のブルーベリーアイ
視力回復トレーニング

視力回復・コンタクトの通販総合サイトのトップページ